Archive for the ‘未分類’ Category

労働時間制度シリーズ第2弾

2016-11-03

労働時間制度シリーズ第2弾

 前回は、会社の労働時間制度について、様々な制度があり、会社に適した労働時間制度を採用することが大切です、とお伝えしました。
 今回は、そのうちの変形労働時間制についてご紹介致します。
 変形労働時間制とは、単位となる期間内において所定労働時間を平均して週法定労働時間(1週間40時間)を超えてなければ、期間内の一部の日や週で法定労働時間を超えても、時間外労働との扱いにしないという制度です。
 少しわかりにくいですが、このような変形労働時間制には、1か月単位のもの(労働基準法32条の2)、1年単位のもの(労働基準法32条の4)、1週間単位のもの(労働基準法32条の5)があります。
 1か月単位の変形労働時間制は、1か月以内の一定期間を平均して1週間40時間を超えていなければ、予め定めた特定の週や日が40時間や8時間を超えても良いというものです。この制度は、1か月の中で繁閑の激しい企業や深夜交代制の業務(タクシー等)、一昼夜交代制の業務に適しています。
 1年単位の変形労働時間制は、1年以内の一定期間を平均して1週間40時間をこえない定めをすれば、予め定めた特定の週・日において1週40時間・1日8時間を超えることができるというものです。この制度は、デパートのように1年の中で特に繁忙時期(お中元・お歳暮等)を持つ企業や結婚式場等に適しています。1年単位の変形労働時間制では、日給月給制を用いている会社であれば、所定労働時間に応じて月々の賃金が変動しますが、月給制として定額に定めることも可能です。なお、当然ですが、変形労働時間制で定めた労働時間を超えた分には割増の賃金が必要です。
1週間単位の変形労働時間制は、1週間40時間の枠内であれば1日10時間まで労働させることができるというものです。ただ、この1週間単位の変形労働時間制は、厚生労働省令で定められた特定の事業(常時30人未満の小売業・旅館・料理店等)についてのみしか認められていません。
 変形労働時間制の概要はこのようになっていますが、その内容はわかりやすいとは言えません。また、導入手続きも労使協定を策定したりと煩雑なことが多いです。
 そのため、多くの方は変形労働時間制を導入すれば良いのかどうかもわからないのではないでしょうか。
 しかし、多くの労働時間制の中から、会社に適した制度を選択することが会社の発展につながることは間違いありません。
 変形労働時間が適しているか、その他の制度も含めてご興味のある方は、弁護士にご相談ください。企業の実体に即した労働時間制のご提案をさせて頂きます。

担当 坂口俊幸法律事務所 弁護士 山口晃平

お客様から胡蝶蘭を頂きました。

2016-02-02

IMG_0179

先日、お客様から胡蝶蘭のお花を頂きました。

とても素敵な色合いでしたので相談室に飾らせていただきました。

相談者の皆様の心を和ませてくれるのではないかと思います。

 

電話のマナー

2015-09-08

【電話のマナー】
最近あまりなかったのですが今日めずらしくまだこんな人がいるのかと少し不愉快な気持ちに。
相手の用事で私に電話がかかってきたのですが、もしもしと私が出ると、暫くお待ちください○○に代わりますのでといって待たされる。
相手の用事でこちらを呼びつけているのにその上待たせるというのはとても失礼だと思ったりしますがいかがでしょうか。
相手によっては苦言を言うのですが言っても分からなさそうな時は何も言いません。場合によってはその場で電話切っちゃうかもしれません。私もうるさい年代になってきました。

法律事務所のランチタイム

2015-07-22

【法律事務所のランチタイムの話題】
私の事務所ではランチは全員揃って頂きます。
全員といっても5人ですが。
今日の話題は川での感電死事件の施設設置者の法的責任、東芝の粉飾決算の取締役の法的責任、17歳の少年の強盗殺人事件の今後の少年の処遇、少年法の規定、などなど詳しい人を中心に意見交換。
先日は性的犯罪の損害賠償金額の裁判例の検討、不貞行為の慰謝料の裁判例の検討、などなどを情報交換し、判例の動向を共有。
毎日のことなので結構有意義な時間になります。

【後悔のない人生をおくるために】

2015-07-20

【後悔のない人生をおくるために】
人生は自分で創っていくもの。他人の評価や他人にまかせていいのでしょうか。後悔のない人生をおくるために。私も後悔のない人生を生きるために48歳の時に長年勤めてきた銀行を退職し司法試験に向けて勉強を開始しました。現在は弁護士として充実した毎日を生きています。ただ銀行での経験、学び、苦労があったからこそ弁護士として充実できるともいえます。なんの社会人経験もなく弁護士になっていたら弁護士のやりがい、自分の人生での位置付けも変わっていたように思います。回り道人生も必要な回り道だったということです。

現在は銀行勤務経験を踏まえ、企業の再編、分割や、相続における財産の遺産分割問題(遺留分減殺請求、遺言書の無効争いなどなど)、企業経営の相談(企業の支配権争い、従業員の育成問題、取引先とのトラブル、関係構築など)など多くの業務に法律問題に限らず相談アドバイスさせて頂いております。

もちろん、長年の社会経験を踏まえ、相談者の気持ちをしっかりと受けとめて相談することができます。

離婚(親権争い、財産分与など)、交通事故、刑事事件に巻き込まれた方についても勇気を出して是非ご相談ください。

銀行からの事業承継の提案は慎重に対応すべき

2015-07-13

事業承継のセミナーに参加してきました。

銀行からも事業承継の提案がなされることが多いと思いますが、融資がらみの提案になっており、不要な借入を押し込まれることもある。
銀行の提案は慎重に対応を検討しないと。

財務、税務、ビジネスモデルなどを幅広く理解している弁護士が、単なる法律の専門家ではなく、幅広い見識を持ち合わせたコーディネート役として、企業にとってメリットが最大限になるような事業承継が出来ればよいと思います。
そのようにできるように日々研鑽中です。

カナダからの旅行者との親交

2015-07-01

6月27日土曜日も目一杯お仕事を頑張り、そのあと事務局と一緒に打ち合わせを兼ねてお食事。
とてもお気に入りのお店、京都室町の「楽食」さんで。
お隣の席の方がカナダからの旅行者ご夫妻。英語、フランス語と迷いながら少しお話し。
日本に一週間の滞在。東京、京都、広島、鹿児島を訪れる計画とのこと。
広島、鹿児島はなぜですかとたずねるとミュージアムをみたいと。
きっと広島は原爆関係、鹿児島は知覧の特攻隊の記念館。
短い滞在にも関わらず平和を思って訪れてくれるのでしょうか。少しうれしく思いました。
良いご旅行を。

後でわかったことですが、その旅行者の方も法曹関係の方だったとのこと。もっと親交を深めたらよかったです。

 

税理士向け研修会

2015-06-30

7月は税理士向け相続遺言の研修会を予定しております。税理士の皆さんとは違った視点で説明できればと思い準備中です。遺言の形式、遺留分減殺請求、遺言の無効、相続人不在、相続人が認知症なとについても説明予定です。

誕生会

2014-10-09

【事務所でのお誕生日のお祝い茶会】
今日は事務所で私のお誕生日のお祝いをして頂きました。皆さんお忙しいのにお時間をとって頂きありがとうございます。とってもありがたいです。
これからも精進してまいります。

二十四節季の寒露

2014-10-09

【二十四節季の寒露】
詳しくは知りませんが今日10月8日は二十四節季の「寒露(かんろ)」だそうです。
少し肌寒く感じる時もありますが過ごしやすいこの頃です。お月さまもとても美しい。寒露の頃を楽しみたいです。
ちなみに次の二十四節季は「霜降(そうこう)」、今年は10月23日だそうです。
なんて風情のある表現なんでしょうか。
季節を感じ取れるように健やかな日々を送っていきたいです。

« Older Entries
Copyright(c) 2014 坂口俊幸法律事務所 All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)専門ホームページ制作